渡し箸(わたしばし)

渡し箸(わたしばし)とは、火葬場で収骨のアナンスが喪家ごとにありますが、収骨室にて2人一組になって一つの遺骨をはさみ、骨壷の中へ入れて差し上げることを言い、この世からあの世への三途の川を橋渡しするという俗説もあります。また、無事に渡ってほしいという願いでもあるのでしょう。

どこの火葬場でもこの渡し箸の手順については、収骨の担当職員の方が丁寧に説明してくださいます。

参列された近親者の方全てが終わりましたら、位牌(通常喪主が持ちます)、遺影、骨壷の順で収骨室をあとにします。
小学生以下の方は渡し箸に参列しない方がよいかもしれません。