湯灌(ゆかん)

納棺の前に死者の体を清めることを言います。かつては、逆さ水で全身を洗う習慣がありました。最近は、一般的にはアルコールで遺体を拭き清めますが、最近は専門の業者に依頼することもあります。