喪中(もちゅう)

一般的には、2親等以内の親族(配偶者・父母・子ども・兄弟・姉妹・義父母など)が亡くなってから一周忌までを喪中とします。それ以外の方の場合は、それぞれのご家庭での事情を考慮して決めましょう。喪中に新年を迎える場合は、注連縄・門松・鏡餅などの正月飾りや、年始周り・初詣などは控えます。