無宗教葬(むしゅうきょうそう)

故人の生前の希望により、特定の宗教色を省いた葬儀の形態のことです。形式にこだわらず、読経の代わりに音楽を流したり、焼香の代わりに献花を行う場合が多いようです。また、祭壇は生花壇が主流です。