枕飾り(まくらかざり)

遺体の枕元に飾る小さな祭壇のことです。仏式では小机に白い布を掛けますが、神式では白木の机に三方を使います。飾るものは、仏式では三具足(みつぐそく)・花・香・灯明・枕団子・枕飯・水など、神式では三方の上に、水・塩・洗米・御神酒・常饌(じょうせん=日常の食事)を供えます。香はたかないで、榊を供えます。