末期の水(まつごのみず)

死に際、あるいは亡くなったばかりの方の口に人生最後の水をふくませます。新しい脱脂綿あるいはガーゼを割り箸の先に固定させたものや新しい筆先に水を含ませて、口を潤します。