法事(ほうじ)

仏や先祖の霊を供養することのすべてを称して、法事と言います。死後、初七日から四十九日まで七日ごと、月忌(がっき)、新盆(にいぼん)、百ヵ日、年忌法要(ねんきほうよう)など節目ごとに行われます。法事では 僧侶に読経をお願いし、親族や故人の近親者を招いて、故人を偲びながら会食をします。別称、法要とも言われます。