墓前祭(ぼぜんさい)

神式の葬儀の場合は、火葬後すぐに墓地に遺骨を埋葬するしきたりがありました。ですが、近年では遺骨を自宅に持ち帰り、祀ってのち、五十日祭までに埋葬することが多くなっています。その後、銘旗(めいき)や花などを供えて、祈りをします。これを別称、埋葬祭とも言います。(埋葬祭・参照のこと)