仏教式(ぶっきょうしき)

古代インドの宗教家、「仏陀」が紀元前6世紀ごろに説いたと言われる教えに基づき、故人の冥福を祈るために、僧侶を迎えて行う葬儀の一つの儀礼です。人は必ず極楽往生できると説きます。