彼岸(ひがん)

春分、秋分の日を中心に前後3日ずつの7日間をお彼岸と言います。季節の移り変わるときでもありますが、一般的に、この間に墓参りをし、先祖の供養をいたします。