年賀欠礼(ねんがけつれい)

一般的には、2親等以内の親族として、配偶者、父母、子ども、兄弟姉妹、義父母などが亡くなった場合、一周忌までが喪中になります。そこで、12月のはじめに年賀欠礼の挨拶状として、喪中はがきを送ります。挨拶状には、誰の喪に服しているかを明記し、先方が年賀状を出す前に届くようにしましょう。また、年末に葬儀が行われて、年賀欠礼が間に合わない場合には、松の内(一般的には1月7日)が過ぎたら、寒中見舞いで年賀欠礼を詫び、喪中のお知らせをしてください。