寝棺(ねかん)

故人をお棺に入れることですが、寝かせた状態を保つようにします。江戸時代には誰でもが、寝棺を受けることができず、高貴な身分の者だけでした。一般人は、桶型の座管を使用したということです。