通夜(つや)

遺族、親族、知人が夜を徹して死者の霊を慰めるものです。近年は通夜にも一般の弔問客が参拝に見えるようになりました。その場合は、夕方より1,2時間の時間を区切って「半通夜」とします。通夜も僧侶の読経で始まりますが、その間に参列者は焼香をします。参列者全員の焼香が終われば、半通夜は終了となります。