中陰(ちゅういん)

仏教では、命失せたあと、次の生を得るまでの四十九日間を中陰とし、四十九日を満中陰、または中有(ちゅうゆう)と言います。