浄土宗(じょうどしゅう)

本尊は 阿弥陀如来宗祖です、開山されたのは法然で、本山は 知恩院・光明寺・禅林寺・誓願寺があげられます。 葬儀は、一般的に序文と言って、仏を迎えるところから、仏を供養し、送るという三段階に分かれ、さらに、授戒(じゅかい)と引導(いんどう)が加わるものです。会葬者の焼香は、仏・法・僧の三宝に則って、3回行われます。