死に水(しにみず)

命失せる瞬間、あるいは、死の直後に故人の口に最期の水を含ませます。これを死に水を取るといいます。脱脂綿あるいはガーゼを割り箸の先に固定させたものや新しい筆先に水をふくませて、口を潤すしきたりです。末期の水とも言われます。