数珠(じゅず)

球の数は108個が基本ですが、これは人間の百八の煩悩を表すためです。心を清め、静かにすり合わせるもので、仏式の儀式には欠かせない仏具です。