逆さごと(さかさごと)

葬送儀礼の場では、日常の作法とは逆の作法が用いられることが多いです。このしきたりを逆さごとと言います。例として、死装束は左前にする、故人の枕もとには逆さ屏風を立てるなどがよく知られています。