散骨(さんこつ)

焼けた遺骨を粉にして海や山にまくもので、自然葬のひとつです。平成3年に法務省が出した見解によると、「節度をもって行われる限り問題ない」とのことで、希望者も出始めております。