三方(さんぽう)

神仏に物を供えるときに用いる台のことです。ひのきの白木で作られていて、前・左・右の三方に刳形(ひながた)の穴を開けた脚が付いています。