骨あげ(こつあげ)

骨あげ(こつあげ)とは、火葬した後遺骨を箸で拾い上げ、骨壺に納める事をいい、二人一組で行われる儀式です。一片の遺骨を二人で同時に箸で拾い上げ骨壺に納めていきます。起源は、三途の川の橋渡しから由来し、箸を使うようになりました。

火葬にかかる時間は、斎場によって異なりますが、時間が来ましたら係員の指示に従って骨あげの儀式を行います。喪主をはじめ、故人と血縁の深い(関係の深い)順に行います。一般的に遺族、親族、友人・知人の順になります。骨あげは足から順に頭のほうへ向かって拾っていき、最後に喪主の手によって「喉仏の骨」を拾い一番上に乗せるのが一般的な儀式となっています。また、地域によっては、「違い箸」といって、竹と木の箸を使ったり、二人一組ではなく血縁の深い順に人から人へ回し渡すやり方もあるようです。

「骨あげ」はとても大事な儀式の一つとされていますので、故人の冥福を祈り心を込めて行いましょう。