香典(こうでん)

香典(こうでん)とは、御霊前に供える金銭のことをいい、もとは香を供える事から来ていますが、時代とともに香を買う代わりの代金と考えられ、現代では故人への供養とともに葬儀費用の一部を負担する意味合いも込められるようになりました。香典を供える礼儀として、祝儀とは違い新札は入れません。もし新札を使うのであれば、一度折り目を入れて使用しましょう。
表書きは、仏式の場合だと「御香典」「御香料」「御香資」などが使われ、水引きは、一般的に白と黒だが、白と銀、白と黄も使われます。神式の場合は、「御玉串料」「御神餞料」「御榊料」などが使われ、水引きは双銀、双白のものを使用します。キリスト教式の場合だと、「御花料」が一般的ですが、カトリックだと「御霊前」「御ミサ料」などが使われる場合があります。水引きはつける必要ありません。専用の物で、十字架やユリの花が描かれた物などがあります。
金額は、地域や遺族、親族や故人との関わりの深さによって異なりますが、一般的な目安として以下のようになります。
■親戚関係
両親が亡くなった場合 10万円前後
兄弟姉妹が亡くなった場合 3万~5万円
伯父伯母が亡くなった場合 1万~3万円
■会社関係
20代の方は 3千円~5千円
30代の方は 5千円~1万円
40代の方は 5千円~1万円
50代の方は 5千円~2万円
■友人関係
5千円~1万円
■ご近所
3千円~1万円
また、4や9がつく数字は日本では不幸を呼ぶ数字と言われていますので、「香典」を包む際には4と9がつく金額は避けましょう。