香典返し(こうでんがえし)

香典をいただいた方々に対し、お礼として品物を送る事を言います。本来仏式では、「四十九日(忌明け)」が過ぎ忌明けの報告をかねて挨拶状とともに送る事が多かったのですが、最近では「即日返し」または「当日返し」と言われ、お葬式当日に会葬礼状や清め塩などと一緒に渡すのが一般的になってきています。

香典返しは「半返し」とよく言われますが、いただいた「香典」の半額を返すのが礼儀とされてきました。香典返しの品物として良く選ばれるのが、お茶・タオル・ハンカチ・石鹸・砂糖など、日常品や消耗品など、また、会社などには、コーヒーやお菓子などみんなで使える物を香典返しに選ぶのが良いでしょう。最近では、3000円~5000円程度の「ギフトカタログ」などを香典返しにする方が多いようです。自由に品物を選ぶ事ができ、持ち帰る時もかさばらないので便利です。