御仏前、御霊前(ごぶつぜん、ごれいぜん)

御仏前、御霊前(ごぶつぜん、ごれいぜん)とは、不祝儀袋の表書きのことで、宗派や地域によっても異なりますが、一般的に故人が亡くなられた日から四十九日以降を「御仏前」と書き、四十九日までを「御霊前」と書きます。

通夜、葬儀や告別式または、七日ごとの法要などで位牌の前にお供えする品には「御霊前」とし、忌明けや一周忌などは「御仏前」とされます。必ず薄墨を用いて書きましょう。

仏の教えでは、死者は忌明け(四十九日)までの間に新しく生まれ変わるための準備をすると言われ、その間、死者は現世と来世の間で「霊」という存在になるため「御霊前」と言われます。その後忌明け(四十九日)と同時に新しい生へと生まれ変わり、仏様「御仏前」になるとされています。