告別式(こくべつしき)

告別式(こくべつしき)とは、故人とゆかりのある友人や知人が最後のお別れをする儀式の事を言います。最近では、葬儀・告別式と同じ意味合いで使われる事が多いようですが、まったく違う儀式になります。葬儀は、ご遺族や親族、故人と関わりの深い方が亡くなった人の冥福を祈る儀式です。本来なら会葬者全員で葬儀の後、遺骨を墓地に埋葬する際、執り行われるものでしたが、現代では、会葬者全員が火葬場に行く事がなくなったため、葬儀と同時に行われることが多くなりました。 同時に行われるようになったといっても、葬儀と告別式はまったく違った意味を持つ儀式のため、葬儀が終わると僧侶は一度退場し、あらためて入場し告別式を行うのが正式な形です。