公営墓地(こうえいぼち)

公営墓地(こうえいぼち)とは、地方自治体などの公共団体が運営・管理する規模が大きい墓地の事をいい、全国で500件以上あると言われています。

公営墓地のメリットとして、「移住地に近い。交通の便が良い」「使用料や管理料が割安」「経営・管理が確実で安心」「宗教・宗派を問わない」などがあり、また、デメリットとしては「墓石に対して制限されている場合がある」「全国的に募集されているところが少なく、申し込みに資格や制限がある。(住民である、生前予約ができないなど)」「 人気があり、抽選倍率が高い」などがあげられます。

また、「公営墓地」のほかにも「公営納骨堂」というものがあり、最近では墓地不足となり納骨堂の需要が年々高まってきています。墓地と異なる点は土中に遺骨を埋葬するのではなく、遺骨を納めるお堂がありロッカーのような形をして、その中に遺骨などを納めます。

「公営墓地」はそれぞれ運営している自治体によって資格や条件等が多少異なります。詳しい内容等は直接、役所か墓地管理事務所にお問い合わせください。