献香(けんこう)

霊前に香を焚いて、捧げることです。煙のごとく故人の魂が天に昇ることを祈るためです。さらに、香を捧げることにより故人の生前の信仰によって、生前の罪を清めるとの考えに基づきます。さらに、ろうそくを灯すのも、不浄を焼き払うためにおこないます。