献花(けんか)

献花(けんか)とは、キリスト教または無宗教葬で行われることが多く、菊・ユリ・カーネーションなどの花を用い、死者への追悼の念を込め、神前または霊前に1人1人花を供えることをいいます。また、埋葬地や事故死の現場などに死を悼む行為として、花を供える行為も「献花」と言われて世界共通で広く行われています。仏教では焼香にあたります。
献花には作法もあります。

1.ご遺族の方々に一礼しスタッフの方から花を受け取ります。受け取る際には、花の部分を右にして両手で受け取ります。このとき、右手は下から花の下部分を軽く持ち、左手は上から茎を添えるように持ちます。
2.花をお供えする献花台の前へ進み、霊前に一礼します。
3.花を時計回りに回し、花が手前、茎が霊前に向くようにします。そのときゆっくりと手を持ちかえ静かに献花台へ置きます。
4.両手を組み静かに黙祷します。(信者の方は十字をきります)
5.最後に、ご遺族の方々に一礼し席に戻ります。

キリスト教の葬儀の場合は、だいたい作法などが書かれたプリントを渡される事が多いので心配ないと思います。