鯨幕(くじらまく)

鯨幕(くじらまく)とは、葬儀の際、式場の周囲や式場内に張り巡らす白黒が並んだ縦縞の幕のことを言います。日本人のほとんどの人が葬儀の際は白黒の幕とイメージがわくほど広く知れ渡っていますが、以外にその歴史は浅く、使用されるようになったのは昭和初期頃でした。

「鯨幕」の起源は、もともと日本で弔いの色とされていました「白(死装束などに白を使われていました)」に欧米の弔事で使われる「黒」が欧米文化とともに日本に入ってきて「白黒」の鯨幕が出来上がったとされています。また、「鯨幕」という名前の由来は、鯨は古くから日本人にとって食用としてはもちろんの事、皮や骨は様々な道具として使われた事から海の恵みとされ、日本人の生活に非常になじみ深いものとされてきました。そのため、「白黒」のイメージが鯨の背は黒く、腹の部分が白い事から連想され鯨の名前が使われたとされています。