釘打ち(くぎうち)

釘打ち(くぎうち)とは、葬儀終了後、出棺する際に柩にふたをし、ふたに釘を打つ儀式のことをいいます。喪主をはじめに故人との関係が深い順に1人2回ずつ頭から足に向かって、打っていくのがしきたりとなっています。故人が無事冥土に着くようにと願いを込めながら打っていくのですが、実際にはカナヅチ等を使わずコブシくらいの石を使います。最後は葬儀社の方がしっかりと釘を打ってふたをしますので、実際行う時は軽く添えるように打つだけで結構です。石は、死者がわたる「三途の川」の川原の石を意味し、故人が無事「三途の川」をわたりあの世へ行けるようにという思いから来ているようです。宗派、または地域によってはこういった釘打を行わないところもあります。また、石には呪力があるとされ死霊を封じ込めるという意味があるため、「釘打ち」はやめるべきとの議論も出ており、「釘打ち」を行わないこともあります。
「釘打ち」の起源は、葬列で柩を運ぶときに倒れたりして、遺体が飛び出さないために縄を巻いたのが後に「釘打ち」に変わったと言われています。