忌明け(きあけ)

忌明け(きあけ)とは、一般に死後四十九日のことを「忌明け」といい、喪の期間があけることを指します。忌明けまでの期間を「忌中」と呼び、この間七日ごとに法要が行われます。また、忌明けのことを「満中陰」ともいい、この日に家族、近親者、友人、僧侶を招き、法要が行われます。お墓がある場合には、忌明けの際に埋葬を執り行い、僧侶に読経していただきます。また、「忌明け(四十九日)」を堺に、白木位牌から漆塗りの本位牌になりますので、準備をしておくことを忘れないようにしましょう。忌明けにより遺族は日常生活に復帰することになっており、故人が愛用していた物や大切にしていた物を遺族、親族や故人と親しかった友人・知人に分け与える「形見分け」が行われ、忌明けの挨拶状を送ります。

忌明けの起源は、お釈迦様が瞑想をして「悟り」を開いたのが四十九日目といわれ、新しく生まれ変わった日とされた、仏教の教えから由来しています。また、この間(忌中)にお釈迦様が菩提樹の下で7日ごとに場所を移り瞑想を続けたことから、7日ごとに法要を行うようになりました。人もまた、忌明けの日に生まれ変わり、新しい旅立ちをされることからこの「忌明け(四十九日)」はとくに大切な法要とされています。

また、神式では、五十日祭の翌日に行われる法要を「清祓いの儀」と言われ、この日を堺に「忌明け」とします。