忌日(きにち)

忌日(きにち)とは、故人が亡くなられた日、命日のことを指します。また、「忌日法要」といい、亡くなられた日から100日の間、七日ごとに執り行われる法要のことを言います。忌日法要は七回にわたり行われ、亡くなられた日から7日目を「初七日(しょなのか)」、14日目を「二七日(ふたなのか)」、21日目を「三七日(みなのか)」、28日目を「四七日(しなのか)」、35日目を「五七日(ごなのか)」、42日目を「六七日(むなのか)」、49日目を「七七日(なななのか)」=「忌明け(四十九日)」とされています。また、亡くなられた日から100日目を「卒哭忌(そっこくき)」といい、百か日法要が行われます。

「忌日」の起源は、お釈迦様が瞑想をして「悟り」を開き、新しく生まれ変わった「忌明け(四十九日)」までの間(忌中)にお釈迦様が7日ごとに場所を移り瞑想を続けたことから、人は7日ごとに小さな生まれ変わりを繰り返し、「忌明け(四十九日)」の日に新しく生まれ変わるとされる仏教の教えから由来しています。