忌中(きちゅう)

忌中(きちゅう)とは、一般的に故人が亡くなられて、「忌明け(四十九日)」の間を「忌中」といい、その間遺族または近親者は年始の挨拶、神社への参詣や祭りなどに参加せず、身を慎んで喪に服すことを言います。神式の場合は、五十日祭の「清祓いの儀」までの期間を指します。また、「忌中」とは別に「喪中」と呼ばれる期間は、故人が亡くなられた日から1年後の命日までのことを言います。他にも葬儀後の会食のことを「忌中払い(きちゅうばらい)」といい、忌中の間玄関や門などに貼り近所の方などに不幸があったことを知らせる札のことを「忌中札(きちゅうふだ)」と言います。「忌中札」は半紙に「忌中」と墨で書き黒枠で囲んだ札を貼ります。

忌中の間に執り行われる法要のことを「忌中法要」と呼び、故人が亡くなられた日から七日ごとに法要を行い続けることを言いますが、仕事の都合や遠方の親族などが多い現代では、初七日法要も葬儀当日に行われることが多くなってきました。