開眼供養(かいがんくよう)

開眼供養(かいがんくよう)とは、新しく作られた仏像に眼を書き入れ魂を迎え入れる儀式から由来し、「入魂式」ともいわれています。

新しく購入した仏壇や完成したばかりのお墓は、まだ、ただの「物」にすぎません。開眼供養を行うことによって、ただの「物」から「仏壇・お墓」と意味のある物になるのです。

開眼供養の時期について、とくに決まりはないので、早いうちに供養をしておく方がよいでしょう。一般的には、新盆やお彼岸など法要にあわせて行うことが多いようです。

また「魂ぬき」といって、古くなった仏壇などは「物」に戻す供養を行い、しかるべき処置をします。仏具店や石材店の専門の方に相談するとよいでしょう。