神棚封じ(かみだなふうじ)

家人が亡くなったとき、家でうやまうべき神霊や氏神・神符などを祀ってある神棚に、死のけがれが及ばないようにと、神棚の扉を閉め、白紙を貼っておく習慣があります。この神棚封じは、忌明けまで続けましょう。