火葬許可書(かそうきょかしょ)

火葬許可書(かそうきょかしょ)とは、故人の所在地、本籍地の市町村役所に申請します。また、遠方で無くなられた場合は、現地での手続きも可能です。

病院でなくなられた場合は、医師または看護師に死亡診断書(事故などで警察の検視を受けた場合は、死体検案書)の交付を受け、7日以内に役所へ死亡届を提出し受理された後、役所あるいは自治体にて「火葬許可申請書」を提出し許可書の交付を受けます。火葬許可書は「火葬してもいいですよ」という許可証なので、これがないと火葬はできません必ず忘れずに申請しましょう。

火葬場に火葬許可書を提出し、火葬後には火葬場から許可書に「火葬済み」との証印をもらい、そのまま「埋葬許可書」となります。「埋葬許可書」は寺墓地や霊園に遺骨を納める時に必要となる書類ですので、紛失しないように大切に保管しておく必要があります。

役所への届け出は、基本的には親族や同居人が行いますが、どうしても親族などが届け出をできない状況の場合は、家主、地主、家屋管理人、土地管理人にも届け出の義務付けがあります。また、提出は代理人でも可能なので、最近では、葬儀社の方が代理で提出される場合が多くなってきています。

届け出には、「死亡診断書(死体検案書)」、「届出人の印鑑」が必要となってきますが、ここでの「届出人の印鑑」はあくまで届出の義務がある人のことを指しますので、葬儀社などに代理を頼まれる場合は、代理の方に届出の義務がある方の印鑑を渡しておきましょう。