戒名(かいみょう)

戒名(かいみょう)とは、仏門に入った証で、仏の弟子として授けられる名前のことをいいます。宗派によって呼び方も様々ですが「戒名」と呼ぶのは、天台宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗、浄土宗で、浄土真宗は「法名」、日蓮宗などは「法号」とも呼びます。神式では、戒名のようなものはありませんが、変わりに「霊号」というものがあり、葬儀では霊じ(位牌にあたるもの)に霊号が書かれます。霊号には「之霊」「霊位」「命(のみこと)」などがあります。

戒名の中には「院号」、「道号」、「位号」と呼ばれるものがあります。「院号」とは、生前に国や地方に特別な功績を残された方へ送られる特別な戒名のことを言い、「○○院」と呼ばれます。「道号」は仏教を会得した僧侶などに使われる戒名で格が上がるという意味でつけられます。「位号」は故人の性別や年齢によって違いがあり、「居士・信士、または大姉・信女」と呼ばれます。例としては、男性なら「○○院□□◇◇居士」、女性なら「○○院□□◇◇大姉」と呼ばれ、最初の「○○院」が「院号」、次の「□□」が「道号」、最後の「居士・大姉」が「位号」です。