家族葬(かぞくそう)

“基本的には近親者のみで行う葬儀ですので、密葬と似ていますが、最も違うところは、通夜、告別式などの形を、たとえ少人数でもとりおこなう点です。密葬の場合は、お別れをした後すぐ火葬をする場合が多いのですが、家族葬というのは、通夜と告別式を行い、本葬は行わないのです。
家族葬という言葉は、家族を中心に、故人との別れを最大限に大事にする葬儀をという、葬儀社からの遺族への篤い思いがこの言葉を生み出したと言えるでしょう。近年では、家族や家族同様に交流があった人々を中心にした葬儀の形を希望される方々が増え、その様式や宗教形態に全くこだわらない、こじんまりとした葬儀の名称として使われるようになりました。