冠婚葬祭互助会(かんこんそうさいごじょかい)

冠婚葬祭互助会(かんこんそうさいごじょかい)とは、会員に入ると毎月一定金額を掛け金として積み立て、冠婚葬祭にかかる費用にあてるシステムになっています。毎月の積立金は、それぞれのコースによって内容も変わってきますが、だいたい1,000円~8,000円が相場となっています。現在では、葬儀を行う方の約4割が互助会を利用されているようです。互助会は経済産業省の許可を受けた、資本金2,000万円以上の厳しい審査に合格した株式会社が営業をし、全国に約300社以上あると言われています。

起源は、生活が苦しかった戦後の時代にお互いが助け合い、お金を出し合って祭壇等を共同で利用しようという精神からはじまったものです。現代でもその精神が生きづき、葬儀について深く認識する機会として利用される方もいます。また、設備が充実した会場を利用することができたり、葬儀のお手伝いや相談も乗ってくれたりというメリットがあります。ただ、注意していただきたいのが、実際に互助会を利用した方が積立金で葬儀費用すべてがまかなえると思われることです。互助会はあくまで葬儀費用の一部をまかなえると考える方が良いでしょう。互助会または契約されるコースによって内容が異なるため、どこまでサポートしていただけるかしっかりとした説明を受け、自分に合ったプランを立てられると良いでしょう。