仮通夜(かりつや)

仮通夜(かりつや)とは、参列者などの日取りの関係などで、通夜が日延べする場合に亡くなられた当日のよるなどに、遺族や親族、身近な方だけで行なう通夜を「仮通夜」といいます。これとは別に一般の参列者を迎えて行う通夜を「本通夜」といいます。一般的には、当日の「仮通夜」翌日の「本通夜」2日後の「葬儀・告別式」と行われています。

通夜の起源は、遺族の方が一晩中故人のそばで、邪霊が近づかないように守り故人との別れを惜しんだことがはじまりのようです。今でもロウソクに火を灯し、線香を絶やさないようにし、親族が交代で一晩中ご遺体の側で見守る風習があります。

葬儀・告別式に参列できない場合は、香典を本通夜もしくは仮通夜の時に渡すことがありますが、一般的には仮通夜で香典を渡すことはありません。もし、何かしら持参する場合は、本通夜での弔問客にお出しする茶菓子などを持って行くとよいでしょう。