打敷(うちしき)

打敷(うちしき)、仏壇の中に敷く刺繍布のことを「打敷」といい、主にご法要やお盆、お彼岸の時などにお膳の下にひいて使用します。つまり、仏具の一つになります。宗派によって多少違いがあり、三角形や長方形のものもあります。色柄ともにたくさんの種類があり、好みで選んでいただいてかまわないのですが、実は、夏用や冬用があり用途や季節に応じたものを使い分けるのが一般的です。滅多に使うものではございませんので、保管している際、知らないうちに傷んでくることがあります。定期的に確認して、色アセやほつれなどがございましたら、専門の業者に補修してもらうとよいでしょう。

「打敷」の起源は、お釈迦様が生きている頃に高座の上に敷かれ、お釈迦様がなくなられた後は、仏像の前にある卓の上にしかれるようになったそうです。