院号(いんごう)

院号(いんごう)とは、教団やお寺、または国や地方に特別な功績のあった方に送られる特別な戒名、法名です。

院号の起源は、退位して出家した天皇の御所の呼び名だと言われ、「院」の付く戒名は、最上の尊称とされているものです。