遺影(いえい)

遺影(いえい)とは、葬儀やご自宅で故人に冥福を祈るために大きく(一般的には四つ切サイズ(25.4×30.5cm)引き伸ばした故人の肖像・写真のことをいいます。昔は、遺影写真というと白黒が一般的でしたが、写真加工技術の進んだ今日では、カラーが一般的となり、また、和装・洋装と着せ替えもでき、背景を変えたり、集合写真の中から故人だけを抜き取ることもできます。葬儀会場やご自宅の仏間等にあったデザインを自由に選ぶことができます。

故人が生前時に一番いい表情で写っている写真を選ぶのが一番ですが、もし写真嫌いなどで良い写真がない場合は、数十年前の写真を使われてもまったく問題ありません。