忌払い(いみばらい)

始まりは、仏式による忌明けのための行事でしたが、現在は葬儀や法事の後にお世話になった方々へのおもてなしの気持ちが込められた儀式になってきました。精進落としの意味も含まれます。