引導(いんどう)

引導(いんどう)、葬儀の際、故人に対し導師が最後の宣告をし、現世への思いをさとし死者を仏道へと導く儀式のことを言います。

相手に対し決断をつけさせる場合によく「引導を渡す」という言葉が用いられますが、これからきているようです。

この引導は、宗派により、いろいろな形式がございますが、死者を弔う儀式の中で重要な意味を持っています。