位牌(いはい)

位牌(いはい)とは、故人を偲ぶための木製の札のことをいいます。 表に戒名、裏に俗名・年齢・没年月日などが書かれています。告別式が終了し、出棺のときに喪主が両手で持ち、葬儀の際には祭壇の中央に置きます。葬儀から四十九日忌法要までは、白木の位牌を使いますが、四十九日の忌明けとともに白木位牌はお寺に納め、漆塗りの本位牌を仏壇に祭ります。

宗派によっては、位牌をまつる場所、また位牌を用いない宗派もありますが、基本的にはご本尊より下段にまつります。もし、複数の本位牌を仏壇にまつられる場合は、向かって右側が上座となります。