一周忌(いっしゅうき)

一周忌(いっしゅうき)とは、故人が亡くなって一年目の命日を一周忌と呼びます。家族や親族、また、故人と縁のあった知人などを招いて法要を営みます。

法要は命日の当日に行うのが最も理想なのですが、実際には参列者の都合などから、土日や祭日に行われることが多いようです。ただし場合は、必ず命日より早めの日に行うのが習わしです。