後飾り(あとかざり)

後飾り(あとかざり)とは、葬儀の後、拾骨した遺骨を安置する祭壇のことです。

二段から三段の作りが多く、上段に遺骨を置き下段には遺影・位牌・香炉・燭台・線香・花・供物・鈴などを飾ります。

四十九日の忌明けまで供養し故人が成仏できるようにお祈りします。