安置(あんち)

安置(あんち)とは、通夜当日まで故人を寝かせておくことを言います。一般的には、自宅からお見送りをしたいという思いからか、自宅での安置が最も多いようですが、葬儀までの日数があいてしまう場合や、マンション等によってどうしてもご自宅に連れて帰れないときには、葬儀を行う斎場や火葬場の霊安室に安置することも出来ます。また、ご遺族の方も宿泊できる「一時安置サービス」を行っている葬儀社もございます。

納棺までの間、ご遺体の安置は、頭を北に向けた「北枕」で寝かせます。これは、お釈迦様が涅槃の際、頭を北に向かせた姿勢から由来しています。

現状では、病院で亡くなられている方が多いのですが、この際、病院側が葬儀社を紹介してきます。病院から紹介される葬儀社が必ずしも優良葬儀社とは限りません。その際、葬儀社はご自分で決めることをキッパリと伝えましょう。

説明が分かりにくかったり、不親切に感じると思える業者の場合は、搬送後他の業者にご依頼していただいても問題ありません。