30社からの一括お見積りはコチラ

香典返しとは

葬儀の際に弔問客からいただいた香典は、四十九日の法要が執り行われて、後日、香典返しを行います。香典返しとは、葬儀に参列してご香典をいただいた人に対して、お返しの品物を贈ること、またはお返しの品物のことを言います。
一般的に、四十九日の法要の日から1か月以内に香典返しを行います。ただし、年を越す場合は、三十五日のあとに年内に香典返しをすることもあります。

近年は、あまり形式にこだわらずに、葬儀が終わって初七日の頃に香典返しをする場合もあります。キリスト教の場合は、とくにこれといった決まりはありませんが、故人が亡くなってから1か月後に行われる召天 (昇天) 記念式、または追悼ミサのあとに香典返しをするケースが多いようです。

香典返しの品選びと金額について、ご説明しましょう。
香典返しの金額は、いただいた香典の金額の半分返し、または1 / 3程度を目安にします。
香典額の金額が 3,000円 であれば、香典返し 1,000 ~ 1,500 円、5,000円であれば1,500円~2,500円程度が目安です。
香典返しは、直接手渡さずに郵送または宅配で送る場合は、挨拶状と香典返しの品を添えて送ります。香典返しを受けた側は、香典返しに対しての礼状は出さないのが一般的で、電話でお礼の気持ちを伝えるのはもちろんかまいません。

香典返しの品は、海苔・お茶の詰め合わせセット、タオル、洗剤のセットなどがよく選ばれています。近年は、個人でお好みの商品を選択できるように、カタログで商品を選ぶ場合もあります。カタログは、3,000円~5,000円程度の商品がよく選ばれています。いただいた香典の金額に見合うように、香典をいただいた弔問客に、金額別にカタログを郵送することも可能です。

商品を送る場合、のし紙の水引の方法は、地域によっても異なります。一般的には黒白結び切りが使われていますが、黄白が多く使われる地域もあります。表書きの下には、差出人の名字のみを記入して、上に「志」と書くとどの宗派でも使えます。その他には、「満中陰志」、「忌明け」「忌明志」とも記されます。キリスト教や新式では「偲草」と書くこともあります。

香典返しの挨拶状の例文をご紹介しましょう。
香典返しに同封する挨拶状には、最初に時候のあいさつ文を1~2行程度入れます。
そのあとに「先般父 (喪主の続柄) ○○の葬儀の際には、ご弔辞・お供え物などを賜りまして、ありがとうございました。本日、四十九日 (七十七回) を迎えまして、心ばかりの品をお送りいたします。どうぞお受け取り下さいますようお願い申し上げます。敬具」